陽子線治療とは?

 「陽子線治療」とは外部放射線治療の一つであり、陽子(水素原子核)を光の速さの約70%に加速させたものを用います。

水素原子モデル

放射線治療の原理

 放射線は細胞に損傷を与えますが、癌細胞のみならず正常な細胞にも損傷を与えます。しかし正常な細胞は癌細胞より損傷を回復する能力が高く、軽度な放射線による損傷は修復されます。でもあまりに大きな損傷は修復できません。小さな切り傷は自然に治りますが、大きな怪我は治りませんよね。それと同じです。

 放射線治療の原理は極めてシンプルです。癌細胞にしろ正常細胞にしろ放射線を多く照射されるほどその影響が大きくなります。極論を述べると放射線を照射し続けるとどんな癌でも制御することは可能です。しかし実際には正常細胞も破壊され、重篤な副作用が起きるためにそのような照射は不可能です。局所制御率が高いだけではなく、同時に有害事象も少ないことが優れた治療の条件となります。放射線治療は手術療法と同じ局所療法ですが、手術療法では腫瘍の切除と合わせて再建手術も同時に行われるので正常組織を含めて切除することが可能です。放射線治療の場合には、正常組織の再建は行わないため、正常組織の機能を維持したまま残す必要があります。よって、いかに多くの放射線を腫瘍に照射し、一方で正常組織への照射をいかに少なくするかが大切なことになります。

X線治療と陽子線治療

 外部放射線治療には、通常はX線を用います。X線は電子を加速させて発生させます。電子は陽子に比べ重さが約2000分の1と軽く、放射線治療機器も小さく機敏な動きができることが利点です。現在では、コンピュータを駆使して、腫瘍の形にあわせた照射もできるようになりました。これがX線治療の完成型と言われている「回転強度変調放射線治療」です。当院のX線治療装置はHelical TomoTherapyです。CTで位置合わせを行う画像誘導放射線治療(IGRT)を併用した強度変調放射線治療(IMRT)専用機です。しかしながら、X線には陽子線と異なる物理的な欠点があります。以下の図をみてください。

 外部放射線治療は、体外から皮膚を通して放射線を照射します。X線は皮膚に近いところで一番多くのエネルギーを与えるため、腫瘍までの間の通り道の正常細胞に余分な照射をしてしまいます。また、腫瘍を通り抜けるため、腫瘍の後ろの正常細胞にも照射してしまいます。一方、陽子線は、腫瘍のところで一番エネルギーを与え停止します。赤色の部分がX線を用いて治療を行った場合に陽子線より余分に照射される領域です。陽子線は腫瘍に同じ線量を照射した場合にX線に比べて約半分の被曝量ですみ無駄な被曝を減らせます。陽子は電子より約2000倍重いため、加速させるためにX線に比べ大きな機械が必要になります。設備費用は非常に高額で、日本でも限られた施設にしかなく、これまでは治療のため遠方まで出かける必要がありました。しかし、この度大阪にも陽子線治療施設ができることになり利便性が向上し、より身近な治療となりました。

放射線治療の流れ

 放射線治療が手術療法や薬物療法と異なるのは、実際に治療を行う前にコンピュータを使ってシミュレーションができることです。このコンピュータの線量分布を見ると、どこにどれだけ放射線が照射されるか事前に知ることができます。以下に実際の放射線治療の流れを説明します。

①患者さん専用の固定具を作成します。これは実際の放射線治療に用いるもので、毎回同じ姿勢で治療ができることを保証するものです。

固定具を装着した状態でCT撮影を行います。放射線量をコンピュータで計算するときに用います。造影剤を用いないCTのみでは腫瘍がはっきりしない場合は、造影剤を用いたCTやMRIの撮影も追加することがあります。

CTまたはMRIの画像を元に、腫瘍の輪郭を作成します。また正常組織の輪郭も作成していきます。これはコンピュータに腫瘍の位置や正常組織の位置を認識させる作業です。

④いよいよコンピュータで放射線量を計算していきます。当院では、IMRTと陽子線治療ができますので、両方の線量分布の作成を行います。また腫瘍によっては、IMRTと陽子線を組み合わせた線量分布の作成も行います。

⑤線量分布の比較を行うことにより、IMRTに比べて陽子線治療がどのぐらい優れているかがはっきりします。また、腫瘍の種類によっては、IMRTと陽子線を組み合わせた場合が良いことが判明することがあります。

⑥患者さん・ご家族に線量分布の結果につき説明し、治療効果、有害事象などを総合的に判断し、最終的な照射方法を決定していきます。

リハーサルを行い、計画通りに放射線治療ができることを確認します。

照射開始となります。

 放射線による損傷は脳が認知しないため、痛みや熱さを感じることはありません。しかしながら、照射後1週間程度で急性炎症(発赤、熱感、腫脹、疼痛)の症状が起きることがあります。細胞の損傷を修復するための細胞分裂の停止や血流の増加が原因で起きる正常な反応です。治療終了後約1カ月程度で消失します。治療中は担当医師、看護師が定期的に診察を行い必要があれば投薬も行いますのでご安心ください。また放射線治療の有害事象は、しばらくしてから発生することもありますので、放射線治療終了後も主治医とともに経過観察を行います。

陽子線治療が対象となる主ながん

前立腺癌

 前立腺がんの治療法は、手術療法、放射線治療、薬物療法などがあります。血液検査、画像検査、病理検査により、悪性度や癌の広がりを予測します。陽子線治療は、リンパ節転移や遠隔転移がない場合に適応となり、放射線治療のなかでは最も有効で安全性の高い治療法の一つです。癌の悪性度により、ホルモン療法の併用が必要になることがあります。また、より正確な照射を行うため金属マーカーを前立腺に挿入することが必要になる場合があります。

肺癌

肝臓癌

陽子線治療を受けるには

 主たる癌治療として放射線治療以外に手術療法や薬物療法があります。癌の種類によっては、手術療法や薬物療法が適応になるもの、または放射線治療が適応となっても手術療法や薬物療法との併用が望ましいものなど様々です。そのため、外科医や内科医など複数の医師による検討が必要となります。このような検討会を「キャンサーボード」と呼び、癌の治療方針を決定するために必要です。
 あなたの主治医の病院にてキャンサーボードが行なわれていない場合には、当施設の連携病院である大阪暁明館病院のキャンサーボードで治療方針の検討を行います。

陽子線治療にかかる費用について

現在「陽子線治療」は「先進医療」として自己負担で行われていますが、平成28年4月に行われる診療報酬改定により変更となる可能性があります。
詳細は後日ご案内いたします。